« poem(103) | Main | たったひとりの人生の相方 »

2014.02.24

いくつなってもひな人形はうれしい

Dcim0224_3 一昨日と昨日、東京は市ヶ谷の日本棋院でジャンボ囲碁大会という大会がありまして、それに出場するために上京し、松戸にある実家へ二泊してきました。

 そしたら実家に、私のひな人形が飾ってありました!!
 おお~♪ 

 本来ならとっくに結婚して、自分の子供のひな人形を飾ってなくちゃいけない年齢の私ですが、生来の甲斐性のなさゆえ未だに独身。てか、この場合、子供にひな人形を譲るのかな? まあ譲る相手もいないし、実家を出て何年も経つし、ひな人形はずっとお蔵入りしてたのです。

 ところが今年は、蔵にしまいっぱなしのひな人形がかわいそう、ということか、定年後、家でのんびりしている父がひまを持て余して気まぐれを起こしたのか、ひな人形が日の目を見ていました。

 ちょっと髪は乱れているところもありますが、大きな傷みはなく、在りし日の美しさが再現されています。
 懐かしい~ うれしい~

 せっかくなので、写真を撮ってまいりました。
 ネットにもアップ致します。
 
 いくつになっても、ひな人形ってうれしい♪ 女の子だもん(笑)♪

|

« poem(103) | Main | たったひとりの人生の相方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/59192616

Listed below are links to weblogs that reference いくつなってもひな人形はうれしい:

« poem(103) | Main | たったひとりの人生の相方 »