« poem(108) | Main | 2015スキー記録その1(山形蔵王) »

2015.02.09

poem(109)

働くようになると
仕事には「卒業」がないので
1年の区切りがあまり意味を持たない
去年も一昨年も
今年も来年も
同じことを繰り返しているだけ

けれど昨年から東北に来て
1年という期間限定の中で仕事をしている

すると今年は季節の移り変わりが
私がここにいる残り時間を知らせてくれる

年の終わりはなぜ冬なのだろう
芽吹きの春
太陽が輝く夏よりは
終焉にふさわしいのが冬だからだろうか

全てが白く覆われ
音もなく降り積もる雪の中を静寂が支配する
あの季節が死にふさわしいからか

人の一生も1年と同じなら  
今 私は
銀杏(いちょう)の葉が黄金色に輝きながら舞い散る秋にいて
日を追うごとに弱まる陽光に
やがて来る冬の静けさを予感している

でも季節は巡るもの
冬が来たら次は春がやってくる
もしも人の生も同じなら
死の後にはまた次の生が待っている

(次の春 また全てを最初から始めよう)

青く高い空を見上げながら
私はそう独りごちる

でもその前に
この人生を

|

« poem(108) | Main | 2015スキー記録その1(山形蔵王) »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/61111297

Listed below are links to weblogs that reference poem(109):

« poem(108) | Main | 2015スキー記録その1(山形蔵王) »