« デスノート見ています♪ | Main | 心のやどのみやぎ野よ »

2015.08.27

poem(111)

 奇跡の一本松=The miracle solitary pine tree

津波で町がまるごと一つ流された
岩手県の陸前高田と呼ばれる場所に
私は今も立っている

どこまでも続いていたかのような
あの美しい白い砂浜は
4年前の3月に姿を消した
海からの風を受けてそよいでいた
仲間達もいなくなった

私もまた潮を被って枯れ果て
ここを去るはずだったけれど

人々が私をここに残した

あの日 大きな津波で崩れた建物も
私の周りに残されている

町があった場所は 今
土が盛られて再生の時を待っている

ここに立っていれば
またあの頃に戻れるのだろうか
白い砂浜
たくさんの仲間達
そして多くの人々

もう悲しくはない
ひとりぼっちが少しさみしいだけ

もしもこの声が届いたら
あなたにここに来て欲しい
あなたに見に来て欲しい
生まれ変わる前の私を
生まれ変わる前のこの町を
どうか
2015_5

|

« デスノート見ています♪ | Main | 心のやどのみやぎ野よ »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/62167809

Listed below are links to weblogs that reference poem(111):

« デスノート見ています♪ | Main | 心のやどのみやぎ野よ »