« 月=タイムマシン!?説 | Main | 2016年の前代未聞・続き »

2016.12.26

ご都合主義というのはどこまで許されるものなのだろう

昨日、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」という映画を見てきました。
最初からこれを見るつもりではなく「君の名は。」をもう一回見てもいいし、本命は「ファンタスティックビーストと魔法の旅」だったのですが、時間が合わず、ちょうどいい時間だったのはこれだったんです。

【感想】 泣けました

いやぁ泣けた。映画で泣いたのなんて久しぶりじゃないかな。個人的には「君の名は。」よりも泣けました。
面白かったですよー

ただいつものYahooの映画レビューを自分で書いていてふと思い直しました。

泣けた、はいいけど、この映画ってどんだけぶっとんだ設定なのよ?と。

詳細はネタバレするので書きませんが、正直に言って「あり得ない」レベルです。
「君の名は。」もかなりあり得ませんが、この映画の設定もあり得ない。自分で映画レビューに書いたんですが、それこそ

「このラブストーリーを成立させるためだけのご都合設定」

じゃないの?

そこで表題のように思ったのです。

「なぜそういうことになったのか」が気になり出したら、この映画、面白くないかもしれない。
でも私は泣きました。

「君の名は。」もネットで感想を拾うとやはり設定の矛盾や尺の関係で致し方ない説明不足などに気づいている人もいます。
でも衆知のとおりあれだけヒットしている。

そう考えると「説明」なんて必要ないのかもしれない。多少の矛盾はふっとばせ。
「ラブストーリー」さえあればいいんだ。彼と彼女の物語、最高!

・・・
・・・
なのかなぁ?(苦笑)

思うに、これは客に何をどう見せるかという非常に危ういバランス感覚の話なんだと思います。
同じような話でも大コケする映画はたくさんあります。

「君の名は。」は新海さんが非常にこだわり抜いた作品と聞いています。だったらそのバランスにブレはない。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は原作が小説です。
映画を見終わった後、原作の小説もちらっと書店で立ち読みしてみましたが、原作をうまく映像化している感じ。
小説っていうのは、どの情報をどう表に出すのか、非常に計算されています。その計算がうまくいっているからこそ原作小説はヒットしているのだろうな。
もちろん、原作がすばらしくても映画化の際、脚本や監督が原作の意図を汲まずにオリジナリティを出そうとしてぶれたりすることはしょっちゅうですが、それで原作以上の映画になることもまれにあるので、そのことの善悪は置いておくとして。
この映画は原作をうまく表現していてバランスを保っています。

設定がどれだけぶっとんでいようと、その世界を作った人達の中では詳細まで決められています。
ただそれをどう決められた2時間の尺で出して行くか。説明すりゃいいってもんじゃなく、大幅に割愛しても、もっと大事なことを観客に伝えることが必要です。

小説もそうなんですが、実は、作品というのは、作者や監督、要はその作品を作った人だけでできているものじゃなくて、観客及び読者といったその作品を受け取る側との共同作業で出来ていると私は思ってます。

作り手が厳選した情報を提示し、受け取った側がそれを元に何かを感じ取ることで、作品は完成する。

何を出し、何を出さないか、それはまさにセンス。
作り手が意図したように観客が感じてくれれば「はまる」わけですが、そこがうまくできてないと「何だこりゃ」で終わります。

その絶妙なセンスはかなり難しくて、映画でもアニメでも脚本家と監督と演出家とやりたいことが変わったりするだけで、ぶちこわしになってることが多いですね。
見ている方はどの意図を汲めばよいのかさっぱり分からないという。
そして得てしてそういう作品でも予告編だけはうまく出来ていたりするからなぁ。

そういうぶちこわし映画にひっかからないためには「Yahoo映画レビュー」ってけっこう役に立ちます(苦笑)。

実は、映画館で上映までの時間つぶしをしているときに「ポッピンQ」というアニメの予告編を目にしました。予告編はよく出来ていて話も面白そう。子供向けっぽいけど私は「まどかマギカ」に衝撃を受けたクチなので、これ見てもよかったかな、と思いました。

ところが、この映画は例の映画レビューやら、ネットの感想とかを見ると惨憺たる有様ですねぇ。
とても「君の名は。」レベルにほど遠い。
感想を読むとどうもストーリーが破綻しているらしく、なんでそんなことになっちゃったのか・・・
同じアニメだから「君の名は。」とはどうしたって比較されちゃうのに、ヒットする映画と大コケする映画と何が違うのか。
ま、見なくてよかったです^^;

どれだけあり得ない設定でもいい。
その説明が必要なわけでもない。
大事なのは、何を誰に伝えたいのかということ。
そして作品の半分は観客が作るんだということ。

いや「デスノート Light up the NEW world」も私、見たんですが、まああれはあれで面白いけど「デスノート」と名前が付く以上、見る側はあれを期待しているわけじゃないというのがなぜ作り手には分からないのか不思議です。

「デスノート」だけどデスノートじゃない「NEW world」だぜってことかな。
でも繰り返しになりますが、作品の半分は観客が作るんだしなぁ。
あれがやりたいなら「デスノート」とかタイトルつけるんじゃないとデスノートファンはみんな思っただろうなぁ。

それでも、まだ今年は「シン・ゴジラ」といい「君の名は。」といい、いい映画がヒットしてなかなかよい1年でした。

宮崎駿さんが引退しちゃっても、まだまだこれから何が出てくるか分からない。
来年も期待しています。

|

« 月=タイムマシン!?説 | Main | 2016年の前代未聞・続き »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/64680582

Listed below are links to weblogs that reference ご都合主義というのはどこまで許されるものなのだろう:

« 月=タイムマシン!?説 | Main | 2016年の前代未聞・続き »