« 男性限定のメリットを考えてみた | Main | 「空港日誌」 »

2017.02.23

poem(115)

『2月』

1年の12の月の中で
2月は一番短い
28日か年によっては29日
それだけしかないから実際に短いんだけど
それ以上に心理的にも
なぜだかすぐ終わってしまう

不思議に長く感じる1月が終わると
あっという間に過ぎ去る2月

年度末まで
三学期が終わって次の学年に進級するまで
気がつくとあとひと月しかない

人によっては
卒業があり
人事異動や転勤があり
退職がある
慣れ親しんだ生活との
仲の良かった友人との
別れの3月が近づく

もっとやっておきたかったことはなかったか
もっと親しくなりたかったんじゃないのか
このまま別れてしまっていいのか

おかしいね
永遠の別れは誰にでも
いつやってくるか分からないのに
なぜ私達は明日も
同じような毎日を過ごすはずと
根拠もなく信じているのか

その油断を咎めるかのように
この2月も
焦る私を置き去りに
足早に過ぎてゆく

|

« 男性限定のメリットを考えてみた | Main | 「空港日誌」 »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/64927731

Listed below are links to weblogs that reference poem(115):

« 男性限定のメリットを考えてみた | Main | 「空港日誌」 »