« 「空港日誌」 | Main | 「ひとり」の自分に10の質問 »

2017.03.18

poem(116)

「3月」

長く生きるとその分だけ
思い出は増える

病床の母に枕元で歌を歌ったのが3月
卒業で初めて花束をもらったのが3月
親切だった同僚と異動で別れた3月
3月は「さようなら」の月だ

誰もが何かに区切りを付け
ここから旅立ってゆく

それなら今年は私も
あれもこれもにさようならしてしまおうか
全てを終わりにしてしまいたいと
今まで何度も考えたことはあるけれど

でもその絶望から
私達は必ず再生する

春の風に肩を押され
古い思い出に別れを告げ
再び歩き出す
3月

|

« 「空港日誌」 | Main | 「ひとり」の自分に10の質問 »

「詩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/65031846

Listed below are links to weblogs that reference poem(116):

« 「空港日誌」 | Main | 「ひとり」の自分に10の質問 »