« 座骨神経痛記 | Main | 椎間板ヘルニアだった… »

2017.09.25

「リフレッシュの森」行ってきました

2017年9月17日から19日まで、2泊3日で「リフレッシュの森」という、断食道場に行ってきました。

「断食道場」という言葉がどれくらい認知されているものか不明ですが、要するにそこに何泊か泊まっている間、断食をしたり、体にいい食事をしたりして、体重を落とすというもの。

「リフレッシュの森」も断食コース、半断食コース、リフレッシュコースと三種類、コースがあって、どれも一泊1万円です。(ただし初回は入会金12000円が必要)

泊まっている間、自由参加の体操やヨガやウォーキングなどの講座があり、講座を受けていれば時間はつぶせますし、体にもよい。
昼間は近くの日帰り温泉やスポーツジムに無料で送迎してくれますので、そこを利用するのもよし。(利用料は別途自費)

結果から言うと、私の場合、断食コース2泊3日で2.8キロ体重が減りました。
2泊3日コースだと着いた日の晩御飯と3日目のお昼が7分粥。2日目が三食、断食ですが、食事をしない代わりに、朝はお茶、昼と晩は酵素ジュースを飲むこととなります。

酵素ジュースはリンゴや麦などの天然素材で作った液体のジュースの元を水で割って飲みます。味は甘いです。それを食事ごとに1杯のみ。美味しくはないですがまあまあ飲めます。

私の場合は、1日目の晚が一番お腹が空きました。早速、参加したリフレッシュ体操の講座がけっこうハードで、腕が筋肉痛になってしまって、その夜はあまり眠れなかったかも。

椎間板ヘルニアで足が痛み、あまり無理できなかったのでウォーキングの講座も欠席でした。
それでも2.8キロは落ちましたので、さすがの断食効果。

1万円もかけず自宅でやればいいとは思うのですが、自宅ではそんなに一気に減ったことないので、やっぱりいいんでしょうね。

断食してみたい方は一度、体験されるといいかも。

が、これから参加しようという方に、いくつか注意事項というか、気になった点を。

ホームページの画像から、高原のペンションやコテージのような雰囲気を想像していましたが、そういうおしゃれっぽさはまったくありません。

たとえて言うなら、会社の保養所や合宿所みたいな感じ。

建物は、何か別の目的で建てられた建物をそれ用にリニューアルしていますので、外観がかなりオンボロです。

本館は基本相部屋。追加料金を払えば個室としても利用できますが、500mほど坂を登ったところにあるコテージ(別館)なら追加料金なしで個室で泊まれます。
私は自分のいびきが心配なので、別館個室に泊まりましたが、このコテージがまた、普段あまり使われてなさそうな感じ。トイレの壁はカビが生えてるし、部屋もなんともジメッとした感じ。山の中なので、周りは草がいっぱいで虫もたくさんいそう。コテージの外灯のそばにはセミの抜け殻が張り付いていました。

今の若者は知らないと思いますが、私などの世代では、昔、格安スキーツアーなどにいくと、よくこういうところに泊まったなぁ。

きれいなリゾートホテルステイをするのが目的ではないので、こういうものだと思って諦めて下さい。
断食「道場」というほどの縛りはないですが、断食「合宿」というところですかねぇ。
私のように人見知りのコミュ障でなければ、相部屋の方が楽しいかも。
一人参加の方が多いので、いろいろ情報交換ができます。
1泊1万だと、2泊で2万、私などは払えるとしてもそれが限界ですが、周囲の人はもっと長く泊まっていてダイエットに関しても意識が高い人もいて、刺激になります。

ダイエット効果はばっちりですが、私はできればあまり積極的にまた行きたい感じではないというのが正直なところ。この年になって合宿所みたいなところにあんまり泊まりたくない。
昼間に行った「白寿の湯」という地元の日帰り温泉が楽園に思えましたよ。清潔でいいにおいがしていました。ああいう感じじゃないとなぁ。

もう行きたくないなら、がんばって自力でダイエットせねば。ある意味、そういう効果はあるかな。

引き続きがんばります(汗)

|

« 座骨神経痛記 | Main | 椎間板ヘルニアだった… »

「心と体」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47997/65837165

Listed below are links to weblogs that reference 「リフレッシュの森」行ってきました:

« 座骨神経痛記 | Main | 椎間板ヘルニアだった… »