« 「何かを間違えるな」 | Main | 中島みゆき「相聞」 »

2018.02.28

poem(119)

「再生」

やはり周囲がざわめきだすのは3月だ

新しい年が1月に静かに始まり
寒さに凍える2月が過ぎてゆき

何も動いていないように見えて
何も変わらないように見えて
不意に大きく動き出す

終わるものもあるけれど
全てが終わってしまうわけではない
そこから新しく始まる

つまり3月は「再生」の季節

私もまた
今年も古い夢に別れを告げて
春の訪れに始まりの歌を歌おう

|

« 「何かを間違えるな」 | Main | 中島みゆき「相聞」 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference poem(119):

« 「何かを間違えるな」 | Main | 中島みゆき「相聞」 »