« 愛するものを守るために人を殺せるか -「竜の道」- | Main

2020.09.21

私の「また行きたいホテル」ランキング

 旅行が趣味…とはもっと旅行好きな方もいるのでとても言えない、ごくごく普通の旅好きな私。でも2020年はコロナ禍でどこにも行けていませんでした。長い休みにもずっと部屋にいて、でかけるといってもせいぜい都内にお買い物くらい。ガマンしきれず、先月は横浜のホテルに一泊してホテルライフ、そしてこの4連休は秦野市の温泉施設に一泊してきました。

 秦野市というところは初めて。一人で泊まれる温泉を検索したらヒットして空きもあったので急遽予約しました。小田急線の小田原よりも手前に位置していてここに住んで都内に通勤している人も普通にいそうなので、旅行と言えるほどかどうかやや微妙な場所ではありますが、ちょっと贅沢して新宿からロマンスカーに乗って行ったら旅気分が多いに盛り上がり、温泉も気持ちよくて、久しぶりの小旅行を満喫してきました。

 今回泊まった宿は一人で泊まれるのには理由があって、ビジネスホテルみたいな一人部屋がちゃんと用意されている宿でした。助かるわ~。いや、もうね、コロナもあるし、これからの旅行はますます一人旅が多くなりそう。友達もみんな忙しくてなかなか都合が合わないし、私も日本国内ならどこだってもう一人で行くのが気楽だしね。でもね・・・ちょっとした旅館はまだまだ一人で予約取りにくいのよね。

 たとえば、アンダリゾート伊豆高原が私にとって「また行きたいホテル」ランキング第一位なんですが、なかなか一人だと敷居が高い。一人の部屋もあるんですがバリ風洋室にまた泊まりたい。しばらく行けてないなぁ。

 今回泊まった宿は、その点、ちゃんと一人部屋もあるところがかなりポイント高かったです。

 でも、ちょっといろいろマイナスポイントも多々あったので、改めてでは私はどんなホテルがいいホテルでまた泊まりたいポイントなんだろう…と少し考えていました。

 1位はもう書いてしまいましたが上記のとおり、アンダリゾート伊豆高原。ホント大好きなんです。

 2位は長野県松本市のブエナビスタ松本。無料で体験できる露天風呂日帰り入浴が最高。また行きたい~。松本がね、また素敵で。市内から望む山並みが素敵。美ヶ原高原美術館までもバスでいける。前に行ったときは塩の道まつりでした。にぎやかで面白かったなぁ。

 3位は横須賀の観音崎京急ホテル。全室オーシャンビュー、隣には日帰り温浴のSPASSOがあり、とにかく海を臨むロケーションが最高です。オフシーズンに一人で予約取れたことがあったので、またそういうプランがあったら行きたいなぁ。横須賀美術館も徒歩圏内にあって、合わせて楽しめます。

 4位は田沢湖ローズパークホテル

 ホテルも素晴らしいですが、ここはやっぱり田沢湖がいい。新幹線の田沢湖駅からバスで田沢湖まで行ったら遊覧船に乗ってホテルまで行ってください。気持ちよかったなぁ。

 5位は南三陸ホテル観洋

 自分が行きたいというよりは、私は好きでもう何度も行ってしまったのでお勧めホテルの一つ。オーシャンビューが最高で、窓にウミネコが来て、温泉がまた海を臨む露天風呂で、めっちゃ贅沢気分になれるホテルなのにリーズナブルです。仙台から南三陸までも無料で送迎バスが出ています。行かれたら、震災の語り部バスもぜひ乗って行ってください。

 ホテルが素敵なのはもちろんですが、やっぱりロケーションも「また行きたい」と思わせる重要なポイント。5位までのホテルはロケーションも素晴らしい。

 でも、6位以下はもう普通にビジネスホテルなんですよ。特に私はコンフォートホテルと東横インが好き。あと釜石のベイシティホテルも好き。場所として好きなのも、宇都宮、高岡、仙台、郡山、釜石、一ノ関など、いろいろです。仙台在住時代の影響でどうも東北に偏っていますが、友達が住んでいる高松もいいし、今なら空いているという京都もまた行きたいです。あと、名古屋でまた味噌煮込みうどんも食べたい。札幌もまた行きたいー!

  上に書いたのは過去、行ったことがある場所ばかりですが、まだまだ私の知らないいい場所もあるんだろうなぁ。

 今回の温泉旅行も、入浴と食事以外のときはほぼマスクをしていました。

 新型コロナはどうなるんだろう。また3波とかくるのかなぁ。また行きたいホテル、みんな営業、大丈夫かな。

 また新型コロナ対策は怠りなくいろいろな旅行を楽しみたいです。なんて、考えることは皆同じ、この4連休は観光地、かなりの人出だったようですね。2週間後、新規感染者数が増えませんように。

|

« 愛するものを守るために人を殺せるか -「竜の道」- | Main

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愛するものを守るために人を殺せるか -「竜の道」- | Main