« 新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録39(追記) | Main | 1階に住む »

2021.05.08

新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録40

 4月25日から東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に出されていた3回目の緊急事態宣言は、5月11日が期限でしたが、5月31日までの延長が決定しました。5月12日からは新たに愛知、福岡が追加されます。

 埼玉県は「まん延防止重点措置地域」でさいたま市と川口市が指定されていましたが、さらにその周辺の川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市及び三芳町も追加になりました。

 指定された地域では、飲食店の営業の時短要請が行われています。でも私も含めた一般人にとってはあまり、指定地域であっても、それ以外であってもそんな変わらないのよね。県のホームページによると

・飲酒はやめて

・食事のときもマスク

・県境をまたぐ移動の自粛

・不要不急の外出の自粛

などが指定地域内外問わず呼び掛けられているようなんですが、あまり実感ないかも。

言われなくてもマスクは当然として、人混みは怖いし、飲酒はもともとしないしなー。「生活や健康の維持のために必要」なら外出はしてもいいわけだし。

 東京都でも、大阪府でも今日の新規感染者数は1000人を越えていて、やはりまだ第4波のピークは越えていない感じです。

 世界ではインドの新規感染が爆発的に増えていて危機的な状況。一方、アメリカはワクチン普及で外出できるようになったみたいです。日本は高齢者へのワクチン接種が始まっていますが、まだまだこれからなんだよなぁ。オリンピックに間に合うのかしら。

 

|

« 新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録39(追記) | Main | 1階に住む »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新型コロナウィルスによる新型肺炎の流行に関する記録39(追記) | Main | 1階に住む »