心と体

2019.09.29

何回目だ、バルトリン腺炎

 久々に、いつものあの場所が腫れてきました。

 いやぁ、これねぇ、何回目だろう。5回目くらいかな。

 最初は何が起こったか分かりませんでいたが、今はもう分かってます。「バルトリン腺炎」です。

 確かにね。ここ最近、風邪ひいて、くしゃみの度に尿漏れもあり、尿漏れ予防パッドが手放せない状態で、ちょっとかぶれてきたかな、という予感はあったのですが、ここんとこしばらくは「バルトリン腺炎」予防のコツをつかみかけてたこともあって、油断してたのよねぇ。

 予防のコツは簡単です。

 清潔にすること、触らないこと、エロいことを考えないこと。

 でも今回は、何かがうまくいかなかったらしくしっかり腫れてしまいました。例によって行きつけのレディースクリニックは予約いっぱいで「明日診て欲しい」と思っても、まず予約が取れません。仕方なくとりあえずこの土日、自分でなんとかするためにネットを漁ると…「自壊」というキーワードが。

 バルトリン腺炎の何が痛いって、例のあの場所がパンパンに腫れてしまうことです。歩けない、座れない、どうしようもない。

 バルトリン腺の出口が詰まって、中に細菌が入ったりして腫れている状態なのですが、物理的に言えば、詰まっているんだからそれを出せばラクになるわけです。

 腫れているところをプチっと、たとえば熱した針とかでやるのがいいのかもしれませんが、それはさすがにしたことがなく。

 私流の自壊、つまり腫れているところを何とかする方法は、ネットなどの力も借りまして、以下のとおり。

1 風呂に入って患部をふやかす。

2 鏡で患部をよーく観察。

3 すると、今回は白く膿が出ている部分がありましたので…

4 周囲から指で押して、膿を出してやる。

5 血も出ますし、ちょっと痛いですがガマン。

6 膿と血は清潔な布やティッシュで拭き取る。

7 押しても何もでなくなったら、しばらくそのまま放置。下着は履かない。患部に触れない。

8 しばらくしてみるとまた膿っぽいものが出ているのでまた指で押しだす。(以下繰り返し)

現在、1日経過しまして、だいぶ、腫れているところがしぼみ、痛みもなくなってきました。

あまり人に勧められた方法ではなく、本来、病院で見てもらった方がいいに決まってますが、私のように「とにかくイタイ、何とかしたい」という人もいますからねぇ。

くれぐれも自壊処理中、患部はきれいにし、なるべく触れないで、膿が気持ち悪いときは水洗いがいいと思います。

ネット情報では、馬油などを塗るというのもありました。

アルコールは…しみそうなので私は試してませんが、傷なので、細菌感染しないようにホントは消毒とか必要なのかもなぁ。

 

あの…病院にいける人は病院に行きましょう。抗生剤とか処方されると早く治りそうです。

長く生きているとほんと、いろいろ大変なのですが、リカバリの方法も徐々に身についてくるようで。

私もネットの力を借りましたので、ご参考までに自分の例を挙げておきます。

でも、ホント、他の細菌感染なども心配なので、まずは病院行けたら病院に行ってね。

 

| | Comments (0)

2019.08.19

夏風邪2019

 8月10日からだんだん具合が悪くなり、発熱、11日、12日は寝込んでいました。

 クーラーをつけっぱなしで寝てどうも喉をやられたらしいです。

 それでも13日からのお盆ウィークは仕事は休むこともなく通勤しまして。17日、18日の土日はどこへもでかげず家でゆっくりし、だいぶ先週よりも体調はよくなってきた…かと思ったら。

 今日、出勤したら、痰がのどに絡んで咳がたまに止まらなくなり、というか、黙ってれば平気ですが、しゃべるとだめだわ。

 明日は研修の講師なのにどうしよう。しっかり寝て体調を回復するしかないわ。

 帰宅してからはたまりかねて薬を飲んだら、聞いたのか、咳は止まりました。明日もこの薬を飲んでいこう。

 薬はベンザブロックSプラスです。鼻水、鼻づまりによく効くらしい。

| | Comments (0)

2019.07.15

指の関節に何やら。

  Dsc_0001  左手の人差し指に、小さなあざのような丸い塊があるのに今日、気づきました。前からあったわけじゃないと思うんですよね。けっこう違和感があるので。

ネットで調べてみると、ガングリオン? 静脈瘤? 比較的ポピュラーなもののようです。

病院に行っても、特に処置されず、そのまま様子見という体験談が多いようで。

よっぽ痛ければ、形成外科案件のようですが、今のところ、違和感がある、程度なので、少し様子をみようかと思います。

それにしても、長く生きてるといろいろなことがあるわね。

椎間板ヘルニアの時にそう思ったっけ。

仕事は忙しいけれど、体調は今のところ、それほど悪くはありません。

元気でやっていますよ。

ただ、なんだか忙しいせいか、時間が経つのが早くって。あっという間に1年が終わってしまいそう。

今の内にやっておかなきゃいけなかったこと、なかったっけ? 

| | Comments (0)

2019.01.17

おウチカーブス

 年を取ると筋肉が減って、体の節々が調子が悪くなってくるそうです・・・

 本格的な年寄りはまだ先のはずの私でも、今でさえ腰痛や椎間板ヘルニア、そして階段を上り下りするときには膝の痛みが気になっており、とにかく健康でないと年をとったら大変です。

 動けなくなったら一人で暮らせなくなっちゃう^^;

 ということで、今の内から運動習慣を身に着けておかないと動けなくなるのは必須なので、運動不足は常に気にしているんですが、最近、友人が「カーブス」というのを始めたと聞きました。

 1回30分で終わる運動プログラムを週2回ほどやるスポーツジムのようで、1回30分ならいいかなぁとちょっと興味が湧きました。

 …
 …
 しかし、これ、ネットの口コミを見ると、非常に評判悪いですねぇ。

 そもそも、平日の19時までしかやってないので、18時まで仕事な私は仕事で遅くなったらまず行かれません。
 
 それと、何やらプロテインを売りつけられるらしい。
 それに、いっしょに参加している方といろいろおしゃべりしたり、目標を発表したりするらしい。

 だめだ、ただでさえ人見知りのコミュ障だから知らない人となるべく話したくない。スポーツクラブで友達を作るなんて絶対したくない。
 今までもスポーツジムにゲストでたまにいくことがありましたが、スポーツクラブは一人で黙々とエアロバイクこいだり、プールで歩いたりするところだと私は思っています。
 
 一人で自分の体と向き合うところ。

 だから一人が好きな私には憩いの場所なのです。
 なのに、何が悲しくて、スポーツクラブでコミュニケーションまでとらなくてはならないのか。

 それに、私、そういうところでプロテインを売りつけられたら、買っちゃいそうなんだよなぁ。
 断り切れない。
 絵のキャッチセールに遭ったことはありますが、それは買わなかったので、買わないこと自体はできるかもしれませんが、そうすると、どうもカーブスの場合、買う人と買わない人へのスタッフの接し方が変わるようです。

 げー、やだ。

 いろいろ実態を知るにつけ、コミュ障で一人が好きな割に、空気を読まず我が道を行くことのプレッシャーにも耐えきれないヘタレの私は、カーブスには近寄らない方がいいという結論に達しました。

 しかし、いろいろ調べていて、カーブスがどういうプログラムなのかは分かりました。
 家でスクワットとかしてたら、子供が寄ってきちゃったりするお母さんは、家ではトレーニングできませんが、私は一人暮らしなんだから、これ、家でできるんじゃないかな。

 ということで、さっそくカーブスもどきプログラムを、ネット情報から拾って、家でやってみることにしました。

 踏み台昇降 30秒
 ↓
 腹筋     30秒
 ↓
 踏み台昇降 30秒
 ↓
 腕立て伏せ 30秒 
 ↓
 踏み台昇降 30秒
 ↓
 ダンベル   30秒
 ↓
 踏み台昇降 30秒
 ↓
 スクワット  30秒

 これを1セットとし、1回に4セットやります。1セットが4分だから、4セットで16分。あとストレッチな感じかな。

 踏み台昇降用の台は、以前に買ってますので、すでにあります。
 ダンベルはないけど、2リットルペットボトルを両手に1本ずつもって、上げ下ろし。

 腕立てはできないので、膝ついてやります。
 スクワットもキツイので、つかまりスクワット。

 負荷はだいぶ軽減されてしまいますが、最初はここからでしょう。慣れてきたら負荷は上げていけばいい。

 以前から踏み台昇降は保健士さんから勧められていたんですが、これだけだと退屈なんですよねー。
 でも、上の30秒で筋トレと繰り返すのだと、飽きる前に次の動作が入るので、面白いな。

 けっこう16分間は忙しく体を動かします。
 でも、筋トレの間に踏み台昇降を挟むからか、体はラクだし、これ、いいかも~♪

 これを週2やるといいようです。
 毎日やるとそりゃいいんでしょうが、とりあえずはカーブスへ行ったつもりになって週2を目標にやってみたいと思います。
 楽しかったので続くかも。

 一人でできるし、何よりタダだし、着替えも必要ないし、なんだ、簡単だわ。
 ということでブログにつけてみました。

 さて、三日坊主になりませんように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.27

「咳をしても一人」がいいよ

11月11日から急激に悪化し七転八倒した後、のどの痛みと咳で苦しめられてきた風邪も11月27日現在、やっと咳がおさまってきました。
まだ薬は飲んでいます。
11月20日にもらった薬は10日分。そろそろ無くなりつつありますが、この様子だと飲み切って終わりという感じ。それでも咳が残るようなら、もう一度内科、行っとくか…

その間、仕事もいってまして、あまりの咳に
「風邪じゃないんじゃないの?」
と疑われる始末。止まらない苦しい咳は今回が初めてではないのですが、今のところ、肺炎やぜんそくの診断を受けた病歴はないんですが。
一応、今週、もし内科に行ったら、上記の話をしてみようと思っています。

咳自体も苦しいし、しゃべってるときにしゃべれなくなるし、仕事にも当然支障を来して困るのですが、咳で腹圧がかかることによる尿失禁が困る(汗)。

生理用ナプキンで対応していましたが、昨日ドラックストアにいったら、最近はいわゆる「尿取りパッド」がこんなに出てるのか!!と驚きました。
水分の吸収も生理用ナプキンよりもはるかに優れており、なんだ、早くこれ使えばよかった。次回の教訓と致します。って次回がないのが一番だけど。

今回の風邪では、最初は咳はなかったんですけどねぇ。
熱と節々の痛みに全身の倦怠感。あれはひどかった。
横になって安静にしててもそれで楽にならないと、それ以上手の打ちようがない。
水分とったり、とにかくあったかくして汗を出したり、プリンやヨーグルトやフルーツやスープを取りながら自宅療養。
最初にきつかったのが日曜日だったので、朝がきたら病院にいくぞと念じながら一晩過ごすわけですが風邪なので、皆さんご存知のとおり、結局は自分の抵抗力でウイルスをやっつけるしかなく。
一番苦しい時間帯は、ひたすら時が過ぎるのを待つしかありません。
それが過ぎれば自然と回復に向かうと自分でも分かってるから、ひたすら耐えるしかない。

その「耐える時間帯」。
私は布団の中でゴロゴロしたり、じっとしていられなくて、何度も水を飲みに行ったりトイレいったり、うめいたり、うなったりしていました。

これねー。
ホント一人暮らしでよかったと思います。
家族がいたら心配させるじゃないですか。
横で誰かが出てたら安眠妨害以外の何物もないし。
というか、自分がこんなに苦しいのに、風邪がうつるからと別室に行かれてそこですうすう寝てられたら、それはそれで腹が立つかもしれない(苦笑)。

自分でもどうしようもない。
ひたすら耐えるしかないのは自分でも分かってる。
そんなときは一人がいいです。
だって、そばに誰かがいてもその誰かを心配させるだけだし、それで自分が楽になるわけじゃない。

たとえば年をとって老人ホームみたいなところにいたら、夜中に具合が悪くなってうなってたりしたら、きっと周りの老人たちに迷惑がられるだろうな。
介護の人はいるかもしれないけど、苦しいからって助けてくれるわけじゃない。
結局、自分は自分が助けるしかない。

入院していたとしてもそうです。
先日、「産褥期精神病」を描いたマンガについて書きましたが、苦しくてどうしようもなくても、誰も助けてくれず、それは仕方ないとしても、苦しくて暴れたりすると薬を打って眠らされたり、拘束されたり。
つらいなぁ。

風邪も後半に入り、全身症状は軽くなってきたのに、今度は咳がひどくなり、咳もまたそばに誰かがいたら困るよなと思います。
自分でも「咳」したくないけど、出ちゃうものは仕方ない。
自分でも止められないから咳しているのに、咳しているのを聞いている人がもしいたら、咳すら自由にできない。
うるさいと言われたら、やってられないなぁ。
言う方の気持ちももちろん分かりますけど。

こんなひどい風邪ひくなよ、と。
予防をちゃんとしなかったからじゃないの?と。

そんなこと、自分でも分かってる。
分かってるから言わないでよ。
誰も近くに寄るな。ほっといてくれ。
私を一人にして…

世の中の、一人暮らしじゃない人は、一体こういうときどうしているのでしょうか。
こんな状態になっても、一人でいるより、心配してくれる誰かに近くにいてほしいと思うのでしょうか。

もちろんもっと重い病気ならこんなこと言ってられません。
風邪だから…治るのが分かってるから、ではありますけど。
「咳をしても一人」で本当によかったといつも思うのです。

これって、私だけじゃないよな、きっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.14

風邪-2018∸

昨年の通院ラッシュに比べると2018年は比較的平和でした。

体調も概ねよく、たまに膝が痛いものの、ダイエットに取り組んでいますので体重が減れば良くなることを期待して、今はマッサージでなんとかしのいでいます。

椎間板ヘルニアはすっかり治って長く歩くのも苦ではなくなりました。
ありがたいなぁ。

しかし…ひいてしまいましたよ、風邪。
高血圧と高コレステロール対策のため、薬を数年前から服用しており、一か月に一度、内科に通っているんですが、今月は11月10日に通院したところ、風邪の患者がわんさかいました。

嫌な予感がしたものの、その時点では私は健康そのものだったので、うがいと手洗いさえすれば大丈夫、抵抗力だってばっちりさ、と思っていたのに、翌日の日曜日、朝からなんだか調子が悪く、時間が経つにつれどんどん具合が悪くなってきました。
この日は囲碁大会に出ていて、最後の4局目までなんとか打ち切ったのですが、そのあとは一目散に家へ。途中でビタミンCを買いました。

日曜夜は七転八倒です。喉や鼻の奥が痛いし、関節も痛いし、頭もどよんとするし、体温を測ってみると38.6度くらいありました。
あまりにあちこちが痛くて眠れないので、インフルエンザかなぁともちょっと思ったり。
でも、熱はそんなに高くないし、感染してから発症までがあっという間だったので、風邪の可能性が高いとは思いました。

翌月曜日の朝、仕事は休みました。
夜よりはだいぶ回復してきて、体を起こしていられる時間も増えてきたし、横になったら寝られるようにもなってきました。

前の晩は、苦しくて寝られなかった!
一人暮らしで他に誰もいないので、ヴーヴーうなって、布団の上をゴロゴロしていました。
いや、そうしてたって何かがよくなるわけではないのですが、じっと安静にしていられない感じ。ゴロゴロしていると少し痛みがまぎれる^^;
同居者がいたら、心配するでしょうからじっと我慢するしかないのでしょうが…

月曜日にはだいぶ回復、熱も下がってきたので、この時点、やっぱ風邪だなと判断し、病院にはいかないことに。
風呂にも入ってからだを温め、寝過ぎで寝られなければ本を読み、ゆっくり過ごしました。

翌火曜日は仕事へ。体の痛みはなくなり、熱も下がり、頭は少しぼーっとするものの、仕事はデスクワークなので、普通に仕事をすることができました。

ところが、その火曜の夜から喉が猛烈に痛み始めました。
あまりにひりひりしてのど飴なめても水を飲んでも鼻うがいしてもよくならないので、その場で翌日の耳鼻科をネット予約。
家にあった鼻炎薬をとりあえず飲んで寝ると、薬がよく聞いて、あれほどひりひりしていた喉の痛みは消えましたが、喉のどこかが腫れているらしく声が出しにくい。咳も出る。
鼻は詰まってるし・・・

仕事には行ったものの、電話の最中に咳の発作が出て止まらなくなる体たらく。やることだけはやって、早退し、今日は夕方、昨夜予約した耳鼻咽喉科にいきました。

明日は遠方に出張の予定なのですよ。
ほっといたって治るんでしょうが、早く治るなら治したいのが心情です。

耳鼻科では、やはり「風邪」との診断。うがい薬とトローチ含め、薬が5種類くらい出ました。

それにしても、去年の記事を見てもそうなんですが、風邪にかかったとたん急激に悪くなり、その重症度も著しく、1日経てばましになるとはいえ、その急性の度合いをなんとかしたい。なんとかならないなら、そもそも風邪ひきたくない。

そんなわけにはいかないのか、今年も風邪、しっかりひいております。
病気って、なると、何が悪かったのか、日ごろの行いを反省したくなるのですが、気を付けてもなるものはなるのよねぇ…

唯一よかったこと。

体重ですが、土曜日と日曜日が衝撃でしたよ。
土曜日と日曜日の朝では、たった1日で、2キロ以上減りました。風邪、おそるべし。
まあ、今朝は1キロ、戻ってましたが(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.25

滲出性中耳炎

 2017年の通院ラッシュはまだ止まらない(-_-;)
 本日は耳鼻科に行ってきました。

 呼吸器内科、婦人科、整形外科、消化器内科、歯科、そして耳鼻科。
 
 あとは眼科、皮膚科、外科、などが来ちゃうと一通りですが、耳鼻科で打ち止めにしてほしいです~

 風邪-2017・秋-の記事にあるとおり、10月9日からがっつり風邪をひきまして、微熱ながら体がだるく動けなくなったのは2日くらいだったのですが、その後、体は楽になっても、くしゃみ、鼻水は後をひいていました。

 花粉症のときに、鼻うがいを覚えたので、今回もやってみたんですが、どうも鼻うがいの後から耳がおかしい。

 どうも右側だけ聞こえなくなっているようです。

 風邪が治れば治るだろうとのんびり構えていたんですが、どうもネットで情報を検索すると、そうやって放置した結果…

(引用開始)

放置すると 鼓膜が陥没したり、萎縮したり、取り返しのつかない変化が起こることがあるので、適切な治療が必要です。

(引用終わり)

 げげ。意外と深刻なのね・・・
 
 実は子供のころは風邪をひくたびに中耳炎にかかっていました。
 その中耳炎は耳が痛くてねぇ。夜中に痛みで泣き叫んでいたような記憶があります。

 今回の症状は、我慢できないほど痛いわけではなく、ただ、なんか耳が変という感じなので、あまり深刻に考えていなかったのですが、同じ中耳炎でも、炎症を伴わないのが今回の「滲出性中耳炎」というもののようです。

 耳には炎症はないようですが、原因になっている鼻やのどの炎症を鎮めるために抗生物質やらビオフェルミンやら、痰を出しやすくする薬やら、気管支の収縮を抑える薬などがでました。

 そして鼻ネブライザー。うう、久しぶりだ・・・

 診察のときにも、鼻に綿棒を突っ込まれて、何か薬を噴霧されましたが、それもなかなかに苦しい。
 耳鼻科は5年ぶりくらいなので、忘れていましたがそもそも、耳鼻科の治療って痛いのよねぇ~

 でも、とりあえず、診断が出たのでほっとしました。あとは薬をしっかり飲んで治療します。

 椎間板ヘルニアの方もだいぶよくなってきましたが、まだ整形外科には通って、理学療法をしてもらってます。
 健康ってほんと大事。体のメンテ、面倒がらずにがんばらねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.12

風邪-2017・秋-

「風邪-2017-」
という記事を今年の2月に書いていますが、1年経たずにまた風邪をひいてしまいました。

まだ10月なのに~!
そりゃ急に寒くなったり、暑さがぶり返したりの季節の変わり目ですが、そんなに年に何回も風邪ひいてたらこのブログも風邪の記事ばっかりになっちゃうじゃないの。
そうでなくても今年は、子宮筋腫に椎間板ヘルニアと病院通いばかり。
椎間板ヘルニアに起因する「まともに歩けない状態」もまだまだ継続中のところに風邪でまさに踏んだり蹴ったりです。もういい加減にしてくれー。

前回の風邪の記事でも書いていますが、風邪になったときのダメージが辛さを増している上に回復に時間がかかるのも悩みです。

今回は10月9日の祝日、のどが痛いな…と感じ始めてから(でもその日はまだ外にでかける元気はあった)坂道を転げ落ちるように一気に動けなくなってしまいました。9日夜の状況で、翌日の仕事は休むことにしたのですが、10日は、1日中、これでもかというくらい寝ていました。たまに起きて水分をとったり、みかんやビタミンC、買い置きのおかゆなどをとり、ちょっと起きているともう辛いので、すぐ布団に潜り込み、また2時間後くらいにトイレにいきたくなって起きる、の繰り返し。テレビも見られないし、本も読めない。とにかく布団にくるまって七転八倒するばかりです。
熱は37度台の微熱が上がったり、下がったり。微熱から見てもインフルエンザではなくただの風邪には違いないのですが、そうは言ってもとにかくキツイ。

こんなに急激に具合って悪くなるものなのかとそれがショックです。
地震などの天災と同じ。備えておいて発生したら被害を最小に食い止める。そうするしかないのは分かっていますが「明日がどうなるか分からない」って怖いなぁ。

後学のために今般の経過を書いておくと、発生後、3日目、11日朝には熱が下がり、マスクをしながら仕事へ。フラフラするし、ヘンな汗は出るし、食欲はないし、調子は全く出ませんでしたが、なんとか乗り切る。
4日目、12日が本日でしたが、朝は普通に起きられて、食事も出来ました。
たまに少しセキが出てそれがまたヘルニアに響くんですが、だいぶ頭はしゃんとしてきました。
完治、とはいきませんが、回復してきている。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりは今回はそれほどひどくないので、このまま体調が戻るといいな。

こんなこともあろうかと、鼻炎薬とビタミンCは常備しており、レトルトおかゆも災害用にいつも買い置きがあります。
なってしまったのを嘆いてもしょうがない。
ならないようにはしたいですが、今回は被害が少なくて済んだことに感謝して、以後は再発防止に努めたい!

とはいっても、風邪予防はいつもやってることばかり。
何がいけなかったかなんて分からないよー!
やけにならず、地道に健康に気をつけます…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.25

椎間板ヘルニアだった…

「座骨神経痛記」という記事をこの二つ前にアップしていますが、先週、腰のMRIを撮りまして、座骨神経痛の原因が判明。

タイトルどおり、椎間板ヘルニアでした。
腰の骨と骨の間に椎間板というクッションの役目をする組織があるわけですが、それがアンパンみたいな構造だとして、中身のあんこが飛び出し、周辺の神経を圧迫している、というのが椎間板ヘルニアです。

飛び出したあんこですが、これは、手術して切り取ってもいいんですけど、自然になくなることもあるんですって。私の場合も、痛み止めで痛みを抑えながら、様子をみることになりました。

不思議なことに、椎間板ヘルニアと診断がついた日から、耐えきれないほどの痛みではなくなりました。これなら痛み止め飲まなくてもいいかなと思っていましたが、昨日は、お尻が痛くて、座っていられない^^;

ちょっとじっくり付き合うしかないなぁ~

しかし、今年は4月には子宮筋腫がみつかって、今回は椎間板ヘルニア、そして、先日、胃のレントゲンの結果から胃炎が見つかって、内視鏡検査をすることにもなりまして。胃の内視鏡検査は来月、予約を取りました。

年のせいもあるんでしょうが、いろいろ続くなー。

大体、子宮筋腫のときもMRI撮りましたし、年に二回もMRI撮るって普通ないでしょ。まあでも厄年じゃないけど、たぶん今年はそういう年なんだろうな。
覚悟を決めて、しっかり治療します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「リフレッシュの森」行ってきました

2017年9月17日から19日まで、2泊3日で「リフレッシュの森」という、断食道場に行ってきました。

「断食道場」という言葉がどれくらい認知されているものか不明ですが、要するにそこに何泊か泊まっている間、断食をしたり、体にいい食事をしたりして、体重を落とすというもの。

「リフレッシュの森」も断食コース、半断食コース、リフレッシュコースと三種類、コースがあって、どれも一泊1万円です。(ただし初回は入会金12000円が必要)

泊まっている間、自由参加の体操やヨガやウォーキングなどの講座があり、講座を受けていれば時間はつぶせますし、体にもよい。
昼間は近くの日帰り温泉やスポーツジムに無料で送迎してくれますので、そこを利用するのもよし。(利用料は別途自費)

結果から言うと、私の場合、断食コース2泊3日で2.8キロ体重が減りました。
2泊3日コースだと着いた日の晩御飯と3日目のお昼が7分粥。2日目が三食、断食ですが、食事をしない代わりに、朝はお茶、昼と晩は酵素ジュースを飲むこととなります。

酵素ジュースはリンゴや麦などの天然素材で作った液体のジュースの元を水で割って飲みます。味は甘いです。それを食事ごとに1杯のみ。美味しくはないですがまあまあ飲めます。

私の場合は、1日目の晚が一番お腹が空きました。早速、参加したリフレッシュ体操の講座がけっこうハードで、腕が筋肉痛になってしまって、その夜はあまり眠れなかったかも。

椎間板ヘルニアで足が痛み、あまり無理できなかったのでウォーキングの講座も欠席でした。
それでも2.8キロは落ちましたので、さすがの断食効果。

1万円もかけず自宅でやればいいとは思うのですが、自宅ではそんなに一気に減ったことないので、やっぱりいいんでしょうね。

断食してみたい方は一度、体験されるといいかも。

が、これから参加しようという方に、いくつか注意事項というか、気になった点を。

ホームページの画像から、高原のペンションやコテージのような雰囲気を想像していましたが、そういうおしゃれっぽさはまったくありません。

たとえて言うなら、会社の保養所や合宿所みたいな感じ。

建物は、何か別の目的で建てられた建物をそれ用にリニューアルしていますので、外観がかなりオンボロです。

本館は基本相部屋。追加料金を払えば個室としても利用できますが、500mほど坂を登ったところにあるコテージ(別館)なら追加料金なしで個室で泊まれます。
私は自分のいびきが心配なので、別館個室に泊まりましたが、このコテージがまた、普段あまり使われてなさそうな感じ。トイレの壁はカビが生えてるし、部屋もなんともジメッとした感じ。山の中なので、周りは草がいっぱいで虫もたくさんいそう。コテージの外灯のそばにはセミの抜け殻が張り付いていました。

今の若者は知らないと思いますが、私などの世代では、昔、格安スキーツアーなどにいくと、よくこういうところに泊まったなぁ。

きれいなリゾートホテルステイをするのが目的ではないので、こういうものだと思って諦めて下さい。
断食「道場」というほどの縛りはないですが、断食「合宿」というところですかねぇ。
私のように人見知りのコミュ障でなければ、相部屋の方が楽しいかも。
一人参加の方が多いので、いろいろ情報交換ができます。
1泊1万だと、2泊で2万、私などは払えるとしてもそれが限界ですが、周囲の人はもっと長く泊まっていてダイエットに関しても意識が高い人もいて、刺激になります。

ダイエット効果はばっちりですが、私はできればあまり積極的にまた行きたい感じではないというのが正直なところ。この年になって合宿所みたいなところにあんまり泊まりたくない。
昼間に行った「白寿の湯」という地元の日帰り温泉が楽園に思えましたよ。清潔でいいにおいがしていました。ああいう感じじゃないとなぁ。

もう行きたくないなら、がんばって自力でダイエットせねば。ある意味、そういう効果はあるかな。

引き続きがんばります(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧