旅行・地域

2016.05.03

弘前・角館・北上みちのく(葉)桜めぐり

Dsc01287_2 今年のゴールデンウィークは、2日&3日の1泊2日で東北の桜めぐりの旅に行ってきました。
 が。
 今年は桜が早くてね^^;;;;;;;
 角館だってこんなでしたよー
 いやぁ、旅行会社のパックツアーで行ったので、桜が咲いてなかったら、ツアー自体が中止になるだろうと漠然と思っていて、催行するんだから咲いているんだろうって考えでいたら甘かった・・・
 角館がこんな感じなので、しょっぱなの北上はもっとひどかったです。まさに真緑。写真も撮りたくなかったくらいなので、記録はありません。
 
 まあ、今年は、関東でも、3月の彼岸の頃に桜は咲いてしまってましたからねぇ。
 多少嫌な予感はしていたのですが、ここまで緑とは。やれやれです。


Dsc01293_2 一方、こちらは小岩井農場の一本桜。
 この桜も見事だと聞いていたので楽しみにしていたのですが・・・
 咲いている? ん~?
 いえ、これは今朝の8:50くらいの写真なのですが、この頃、天気が曇りでバックが灰色だったのです。晴れればバックに岩手山が見えて素敵らしいのですが、天気のせいでなんだか分からないことに。
 実は、今日は、この後、天気が良くなって、岩手山もきれいに見えたので、残念ながら見に行った時間がまずかったようです。
 うまくいかないなぁ。

 青森の弘前城公園も、ソメイヨシノはきれいに散って葉桜でしたが、しだれ桜がまだ咲いていたので、なんとか桜めぐりの面目を保つことができました。一番下の写真をご覧くださいね。

 しかし・・・いやぁ、こんなことってあるのね。
 旅行って天候に左右されることもありますが、基本、晴れ女の私は、天気が悪くて困ったことはそれほどありまえせん。今回も雨は降ってなかったんですが、桜はいかんともしがたい。
 
 桜は、旅行会社のパックツアーはだめだな。
 ネットで開花情報を見て、思い立った時に、正規料金でもしょうがないから切符をとって、見に行かないといけないんだなぁというのを実感しました。

 角館は桜満開だとそれはそれは美しいそうです。そうね、いつかリベンジするか。

 北上は・・・実は昨年、大河原町の一目千本桜を見に行ったんですよ。天気はその時も今一つでしたが、桜は満開でしたっけ。北上も素晴らしいのでしょうが、もう一度行くなら一目千本桜の方でいいや。

 そのほか、三春の滝桜に花見山。福島の桜も素敵です。
 東北には桜の名所がたくさんあって、行ききれません。

Dsc01313_3


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2016.04.25

おみやげは食器が好き

Dcim0866

 どこかに旅行に行った時に、自分へのおみやげは陶器のマグカップにすることが多いです。いつもコーヒーやお茶を飲むたびに、旅先に思いをはせることができるので。
 笠間に行ったときに買った納豆椀も便利にずっと使ってるな。フランスのシャモニーで買ったマグカップや昔、スキーで蔵王に行ったときのロゴ入りのマグカップも長く使っていたのですが、割ってしまって、今はもう手元になく、そういう失くなってしまったものもあるんですけど、ね。

 陶器というのは、いつまでも色褪せず、ずっとそばに置いておけるのがいいです。今は失き、北海道のグリュック王国で買った、ブレーメンの音楽隊の動物たちをかたどった陶器の置物も昔から変わらず、あるものなー。

 で、冒頭の小皿は、裏磐梯の諸橋近代美術館にあったダリの時計を象ったものです。普通にしょうゆとか入れて使ってます。見るたび、思い出すな。諸橋近代美術館、ダリのコレクションも素敵でしたが、建物もとても素敵で。またいつか行きたいなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.01.16

八高線

 昨日、初めて「八高線」(はちこうせん)という電車に乗りました。
 
 ご存知ですか、「八高線」。知らない人も多いだろうな~
 れっきとしたJRなんですが、「八高線」の八は八王子。「八高線」の「高」は高崎の高。東京都の八王子から出発し、埼玉県のど真ん中を縦断して、群馬県の高崎を結んでいます。

 しかし、実際に八王子から高崎まで乗る人って少ないのではないかなー。
 
 埼玉県というところは東京のベッドタウンで、南北にいろいろな路線が走っています。横断するのはJR武蔵野線くらいで、要は東西の連絡というのはほとんどなく、鉄道に沿って南北の縦のラインごとに町が広がっています。

 私はJR高崎線が通っている鴻巣市、というところに生まれたので、熊谷、桶川、上尾など、高崎線が通っているところはなじみが深く、自分の中で「埼玉県」というとほぼそのあたりのイメージしかありませんでした。

 ところが「埼玉県」て他にもたくさんあるんですよ。
 大宮から分岐して、栃木県の宇都宮までいく「宇都宮線」。
 スカイツリーの最寄駅を通るということで一躍有名(?)になった、浅草と東武動物公園を結ぶ東武伊勢崎線。
 東武動物公園の先は、日光までつながっています。

 また、個人的にあまり詳しくない埼玉県西部。
 メジャー度でいくと「東武東上線」。池袋から出て、埼玉県の小川町というところまで行っていますが、途中の森林公園という駅までが、東横線など都内からの路線の乗り入れで本数も多いそうです。
 所沢を通る西武線は、同じ埼玉でもこっちはほとんど乗ったことがないし、行ったこともない^^; それこそ文化圏が違うような気がします。トトロの森のある入間とか行ってみたい気はするんですけどね・・・

 そして秩父。埼玉を横断するのは武蔵野線しかないなんて書きましたが、秩父鉄道は埼玉県の北部を横断していて、熊谷と秩父を結んでいます。個人的に乗ったことはあるんですが、ローカルそのものです・・・
 秩父にいくなら、池袋から西武線で行った方が早いんだろうなぁ。

 というような数々の縦のラインがあるわけですが、上に書いた、東武東上線の終着駅、小川町がくだんの「八高線」と接続しておりまして、私は今回、小川町から一駅だけ、明覚という駅まで八高線を利用しました。

 そこに至るまでに八高線の車両は2両しかないし、周囲は何やら山奥の雰囲気を醸し出しているし、不安は感じてはいたのですが、降りてみると、不安的中、「明覚」という駅は無人駅だし、駅前と言っても店もなく、もちろんタクシーもいない^^;

 うわぁ、埼玉県よね、ここ。
 
 9月まで仙台に住んでいて、東日本大震災の復興関係の仕事に携わっていたものですから、仙台から三陸沿岸へは何度も移動していたので、多少のローカルには驚きませんし、タクシーがいないのも、無人の駅も今更って感じですが、まさか、埼玉にもそんな場所があるとは予想していませんでした・・・

 埼玉県って、そうか、この嵐山とか東松山とかの県央部ってこんな感じなのね・・・いや、東松山を一緒にすると東松山の人に怒られそうなので、一応、整理しておくと、埼玉県のこのあたりは比企郡と呼ばれる場所となっていて、東松山は比企郡に入っていません。
 ウィキペディアを見ると、比企郡にはいろいろ歴史もあるようですが・・・知らんなぁ。同じ埼玉にいても。
 
 この記事の最初の方に埼玉の鴻巣生まれだと書きましたが、鴻巣と東松山が隣り合っていたので、たまに、吉見百穴というところに連れてってもらったことがあり、その際に東松山はよく通りました。

 「吉見の百穴」って面白いですよ。
 百穴は「ひゃっけつ」とも読むようですが、私が子供の頃は「ひゃくあな」と呼んで親しんでいました。岩山の側面に無数の穴が空いていて、なかなか異様な光景です。
 ここ、もっと有名になっていいと思うんだけどなぁ。

 埼玉って意外に奥が深いです。私、生まれたときから今まで、たまに他の場所にも住んだことはありますが、通算では埼玉が一番長いと思うのですけど・・・まだまだ知らないところがあるなぁと、八高線に乗って思いました。

 ちなみに、小川町へいく東武東上線にはJRの埼京線から接続するJR川越線の川越から乗り換え。川越という場所も小江戸、川越といって、なかなかの埼玉の名所です。ここは比企郡に比べたら、比べものにならないくらいにぎやかで人通りも多く、駅も新幹線こそ止まりませんが、大宮に引けを取らないくらい(当社比)のターミナル駅ですので、まだ行ったことのない方はぜひ足をお運びください。

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2016.01.03

謹賀新年2016

Dsc01281_3

 あけましておめでとうございます。
 本年も当ブログをよろしくお願い致します。

 昨年の10月にさいたまに戻ってきたのですが、もう仙台が恋しくなって、年末年始は昨年の30日から仙台入りし、仙台発着の「中尊寺に初詣&松島で初日の出クルーズ」というバスツアーに参加してきました。
 ツアーでは、お雑煮の朝食も出て、美味しかったな~
2016_2


 真夜中の中尊寺も年が明けるまで待機している間が大変寒かったですし、松島では正月でも早朝ではお店も何もやってなくて、初日の出クルーズの船が出るまでひたすら待ち。寒いし、ひまだしで、けっこう辛い時間も長かったツアーだったんですが、その分、初日の出はよかったです。冒頭の写真はクルーズ船から撮ったもので、海の上での初日の出は初体験。一見の価値はあります。おすすめ!!

お雑煮は松島の瑞巌寺の近くのお休みどころでいただきました。ちゃんとお正月セットになっているのがうれしいです^^  瑞巌寺は改修中で本堂は見られなかったんですけども。4月から再拝観となるそうです。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.26

猫がいっぱい~居酒屋ねこや~

 目黒駅から3分、ビルのB1に「ねこや」という居酒屋さんがあります。

Dsc01060_2


   お酒がダメな私は、あんまり居酒屋自体には惹かれないですが、友人が、ぜひ連れて行きたいというのでのぞいてみると・・・

 店の入り口から猫の置物がいっぱいおいてあるお店でした。
 もちろん店内も猫だらけ~ 飲食店なので、ホンモノはいませんけども。

 私は、以前、実家では猫を飼っていましたが、一人暮らしになってからはもっぱら置物やインテリアで我慢しています。よく一緒にカラオケにいく後輩がそのことをよく知っていて、最近、誕生日に限らず、会うたびに猫グッズをくれるので、そのせいでますます、家に猫が増えています。
  
 スリッパも猫。
 洗濯バサミも猫。
 トイレのふたカバーも猫。
 
 そんな私にとって目黒の「ねこや」は、誠にステキな場所でした。
 トップの写真は、お店に並んでいた、猫の焼酎等の酒瓶の写真。飲めないけど見てるだけで楽しい^^

Dsc01061

 お皿や食器も猫です。左の写真は納豆オムレツ。お料理もおいしい、と評判のお店だそうですが、私は猫に囲まれるだけで十分幸せ♪

Dsc01062

 そのほか店内には猫グッズがいっぱい。左の3枚目の写真は光っちゃってちょっとわかりにくいですが、宇宙戦艦「ニャマト」のポスター。笑っちゃったー。

Dsc01059

 
Dsc01056


Dsc01057


 猫のインテリア、置物、食器、みんなかわいくてどこかで売ってるならみんな、お持ち帰りしたかったー。
(販売はしてません(爆))

 なお、トイレも猫でいっぱいです。あのトイレならずっと入っていたい♪ 癒される~
 また、目黒にいったら遊びに行きたいお店です。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.12

一生に一度は見に来て♪~一目千本桜~

Dsc01030
 仙台からですと、東北本線で南下することおよそ30分あまり。宮城県の船岡という駅と大河原という駅の間を一駅歩くと、この一目千本桜を堪能することができます。
 大河原から船岡へ歩く人も多いと言いますが、昨年行ったことがあるという友人の勧めで船岡から大河原へ一駅歩いてみました。行ったのは2015年4月11日。あいにくの雨でしたが、夜行バスで、早朝に仙台に着いたさいたまの友人と二人で、のんびりと歩いてみました。

 いや~すごい。関東にも桜の名所はたくさんありますが、東北ってスケールが全然違う~!!

仙台に勤務して1年半、東北にいると、いろいろ「関東とは規模が違う」と驚かされることがあるのですが、関東にいるとそこにそんな素晴らしいものがあるなんて、全然情報がないことが、非常にもったいなく感じられます。生うにや三陸の牡蠣のおいしさだってそうですし、酒田の花火のダイナミックさもそうですし。

 前回、アップした福島県の花見山も素晴らしいですが、桜といったら、多分、この一目千本桜が人生最大規模かも。
 まだ見たことない方は、ぜひぜひぜひ、一度仙台を訪れて、ちょっと足を延ばしてみられては。
 なんて、私も昨年は仙台にいても全然知らなかったんですよ。
 
 下の写真は、ちょうど桜の下を通る東北本線の撮影にチャレンジして、見事成功しましたので、アップしてみます^^
 もう一枚も桜の中の桜の景色、素晴らしいでしょ?
Dsc01036

Dsc01044


 晴れると、バックに蔵王連峰が臨めてそれはそれは美しいとか。
 一生に一度と言わず、私もまたいつか来たいな~ 次はもっと晴れている日に。
 
 一目千本桜のご案内はこちらから。今年はまだ来週あたりなら見られるかと^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.05

福島に桃源郷あり~花見山~

 仙台に赴任して1年と半年が過ぎまして、また春が巡ってきました。
 昨年は行けなかった、福島県の花見山公園に、今年はいってくることができました。
Dsc01007
 小雨がぱらつく天気だったこともあり、最盛期にも関わらず、激混みではなかったので、ちょうどよかったです。足元はぬかるんでいましたが、桜は少し雨に濡れてしっとりいい感じ。山に霧がかかって幻想的な風景でした。花見山公園は、個人の農家の方が花を栽培されていて、一般にも公開するようになったという珍しい花の名所です。以前の住まいの埼玉からも来ようとすれば東北の名所の中では比較的近いですが、やっぱり仙台から来る方が圧倒的に近いので、行っておきたかったスポットの一つでした。
 素晴らしい眺め♪ 桜以外にも菜の花やレンギョウなどたくさんいろんな花がありましたし、桜もソメイヨシノではなく東海桜や彼岸桜など。ちょっと小ぶりでかわいい桜が多かったです。
Dsc01023_3
Dsc00987

 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2015.02.28

2015スキー記録その2(蔵王えぼしスキー場)

Dcim0624_5 本日もスキーへ行ってきました。
 仙台からは蔵王は近い♪ 今日、いってきたのは蔵王えぼしスキー場です。まだ晴れ女のジンクスは破れず、今日もいい天気でした。

 斜度が緩くて広いコースが多くて、私でも安心して楽しく滑れました!!
 空いてるので、降りてきたらすぐにリフトにも乗れてよかったな~

 スキー大好きです^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.02.11

2015スキー記録その1(山形蔵王)

20150207 せっかく東北在住、在勤なので、今年は久々に山形蔵王にスキーに行ってきました。
 スキー、何年ぶりだろう・・・
 こうやってブログの記事にしておくとこういう時に簡単に検索できるので、今回も記録を残しておきます。
 
 当ブログでは、スキーの過去記事は2007年1月。なんと8年前の記事です。
 スキーも8年ぶりってことはないはずなんですが・・・記録がないので、分からん~

 蔵王には過去、一度、埼玉から夜行バスで行ったことがあります。
 その時も晴天で、樹氷がきれいに見えて、吹雪が多いという蔵王すら晴れ渡らせる自分の晴れ女パワーに自分で感心してしまったんですが、今回も、周囲の東北人に聞いても珍しいというくらい晴れ渡りました。

 前に行ったのはだいぶ前なので、記憶もさだかではないのですが、今回、蔵王に来て、ほとんど景色にもスキーのコースにも見覚えがなかったのですが、どうも蔵王にも「山形蔵王」と「宮城蔵王」があって、一つの山の両側とも蔵王なんですよね。今回は山形蔵王なので、前に来たのは宮城蔵王だったのかなー。

 スキーの方は、私はバリバリのボーゲンw
 でもボーゲンで、ある程度の斜面までなら、止まれたり曲がれたりするのに、不自由はないので、これでスキーは十分楽しめます。これ以上うまくなろうという気はなし。

 だってスキーって何が楽しいって、冬山のきれいな景色を堪能すること、だと私は思っています。
 スキーしてなかったら、見られないものね。
 
 という話をしたら、それはやはり私がいくスキーはいつも晴れているからだ、と友人が言いました。
 あ~そうか、確かにね(-_-;)

 ともあれ、今回もよかったなースキー。
 さすが東北、雪質もよくて、へたくそな私でも、下ばかり見ずにちゃんと前を向いて滑れましたので、すばらしい景色を十分に堪能しました。楽しかった~♪♪♪

 下の写真は、山頂にあるお地蔵さん。雪で肩まで埋まっています。
 これも前回は見た覚えがないので、やっぱり山形蔵王は今回が初めてなのかも。
S__46678024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.08.18

夏はウニ、冬はカキ

Dcim0380_3 昨年10月から仙台勤務になり、早や11ヶ月。
 思い起こせば、昨年の今頃、当時住んでいたさいたまから仙台へ突然の転勤を言い渡され、9月後半は死ぬ思いの引っ越し準備。
 たかだか一人暮らしの引っ越しが、あんなに大変なものだと思いませんでした。
 10月に仙台にきてからはいきなり風邪をひいてなかなか咳が止まらず、回復してはまたぶり返すという有様で、寒い間はずっと調子が悪く、せっかくだから行こうと思っていたスキーも一度も行けず…最初の半年はあっという間に過ぎ去りました。

 暖かくなってくると体調も回復し仙台という土地にかなり馴染んできました。仙台には牛タンのお店もたくさんありますが、ラーメン店やカフェもたくさんあります。行きたかったお店もいくつも巡り、自転車で行き来して中心街の地理にもだいぶ詳しくなってきました。
七夕に雀踊り。仙台名物もチェックできましたしね。

 しかしながらここ、仙台に住むことのメリットは日々の仙台ライフもともかく、やはりちょっと足を伸ばすだけで、関東ではあり得ない海の幸に出会えることにあります。

 冬はなんといってもカキ(牡蛎)。
 沿岸地域には「かき小屋」というのがあって、カキの養殖をしているすぐ近くで、獲れたてのカキを食べ放題で提供してくれます。
 獲れたて、というか海から引き上げたそのまんま。バケツかなんかに入ってるカキを鉄板にざーっと並べてフタをして蒸し焼きにしてくれます。火が通った頃にフタをとってくれるので、客が自分で専用のナイフでカキの殻をあけ、レモンを絞って殻から直接いただきます。
 東北のカキって身が大きくてぷりぷりで、とってもおいしい。レモンだけでカキだけをあんなにたくさん食べるなんて想像できなかったんですが、おいしいのでできちゃうものですねー。
多分、関東に戻ってもあんなにおいしいカキをたらふく食べるなんてできないでしょう。

 で、その夏バージョンがウニです。
 いえ、ウニはさすがに食べ放題ではないのですが、関東では普通に暮らしているとまず出会う機会がない「生ウニ」がたっぷり乗ったウニ丼を先日、堪能してきました。

南三陸さんさん商店街のキラキラ丼

 夏以外にも「キラキラ丼」自体はずっとやってるんですが、やっぱり夏のウニ丼が一番人気のようです。
 ウニって実は私、かなり苦手でした。だって変なにおいしませんか。
 なのに、生ウニは全然そういう生臭さがないんですよ。
 まさに三陸でしか食べられない味。美味いです。ああ、関東の友人たちに食べさせてあげたい。

 夏はウニ、冬はカキ。
 仙台から沿岸までは車で概ね1~2時間でいけます。高速バスも出ています。(仙台-南三陸さんさん商店街が2時間)
 仙台まで来たらちょっと足を伸ばして、ぜひ味わって帰ってください。
 また来年も食べたくなること間違いなし♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧