ダイエット

2018.06.02

メディケアダイエット(その2)

 6月2日にメディケアダイエットの2回目のカウンセリングに行ってきました。

 前回、4つの食品群、「牛乳・乳製品・卵」「肉・魚介・豆」「野菜・イモ・果物」「穀類・油脂・砂糖」をバランスよくとるようにという指導があったので、今週はチーズをよく食べました。
 朝食に、玄米食パンにスライスチーズをのせてチーズトーストにしたら、これがおいしくてねー。
 以前、医者に牛乳をやめるように言われてから、乳製品は控えめにしてたので、しっかり食べられることがうれしくて。
 
 でも、今日のカウンセリングでは、朝に玄米食パンとはいえど、パンはよろしくないという指導がありました。粉ものだからよくないそうです。

 朝はそしたらごはんか・・・粉ものは血糖値を上げやすいというのが理由だそうです。

 それと、朝、欠かさず飲んでいる、サンスターの「緑でサラナ」をやめるようにという指導もありました。「緑でサラナ」はコレステロールを下げるというブロッコリーやキャベツやホウレン草などでできている、見た目青汁みたいなドリンクですが、味はおいしくて気に入ってたんですよね。

 実際、コレステロールに効いている感じもあり、なにより、一人暮らしだと野菜がなかなかとれないので、野菜不足解消のために飲んでたんですけど。

 やめた方がいい理由は、野菜はジュースでとるより、野菜そのものをサラダとかにして食べた方がいいから、だそうです。ジュースにするとかまないからよくないんだとか。

 いや、まあ、それは分かってますけども。なかなか野菜とれないから、飲んでたのに^^;

 いいと思ってとってたものを否定されるとなんだかもやもやしちゃうんだよな。
 「緑でサラナ」についての説明はipadでホームページも見せたのですが、カウンセラーはそれを見てもくれなかった。
 とはいえ、しょうがない、自分で望んでここの指導を受けてるんだし、今まで自分でいろいろやってやせてないんだから、やってみるしかない。
 「緑でサラナ」の通販には即行で中止の連絡を本日入れました。
 
 ただこれでスタートしてから3週間ですが、体重はほとんど減っていません。
 3か月で体重の10%減。ほんとにできるの?

 こうしてカウンセリングに通ってアドバイスを受けるのが、このメディケアダイエットの肝なんでしょうが、結果が出てないので、このまま信用していいのか不安になってきました。

 バランスよく食べる。
 糖質は気にしないでごはんも食べて、牛乳や乳製品もとって、肉よりは魚で、あとは野菜。
 糖質制限ではトマトが要注意でしたが、トマトは推奨のようです。
 果物も食べるように言われたなぁ。糖質制限ではダメだけど。
 まあでもやってみるしかないか。

 3か月で体重の10%減できなかったら、どうするのか聞いてみたのですが、カウンセラーははっきりした答えをくれませんでした。

 だ、大丈夫か?
 なんだか不安しかないなぁ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.05.27

メディケアダイエット(その1)

 2018年5月12日に、最初の無料カウンセリングを受けて、メディケアダイエットでのダイエット支援を¥486000(税込)で受ける契約を締結。

 5月26日が1回目のカウンセリングでした。

 予約した時間よりも10分前について受付を済ませて待ってたのに、予定時間より15分も待たされたあげく、カウンセラーから電話がかかってきて

「今日は予約日なんですけど、どうしました?」
「いえ、もう、着いて待ってるんですけど」
「え?」

 みたいなやりとりがあり、どうやら、受付とカウンセラーの連絡ができてなかったみたいです^^;
 
 …だ、大丈夫か? 50万近く払ってるのに、この扱いー?

 受付のインターホンも電池切れなのか鳴らなかったし、そのせいで受付でも、しばらくどうしたらいいか立ち尽くすしかなく、誰がスタッフなのか客なのかも全然わからなくて声かけられないし、なんだかなー。
 

 というわけで、しょっぱなからものすごくがっかりしてしまったんですけど、とりあえず、食事日記などを提出し、カウンセリング開始。

 うーん。
 バランスよく食べましょうって話と、1日1600kcal。そして、糖質がメインの古くからある食事指導・・・

 カロリー制限とか炭水化物を多く取るっていう日本の食事指導はあまり効果的でないと、昨今のダイエット界隈では定説なんですけどねぇ。

 質のよい油はもっととった方がいいし、いわゆる地中海食が一番いいという・・・

 ま、いいや。糖質制限をがんばったってやせられなかったんだから、今があるので、とりあえず、指導には従ってみたいと思います。

〇 粉ものがだめで「ごはん」推奨。
〇 牛乳や卵などをしっかりとる。

 ・・・30年前の食事指導ですか、って感じです。医者には私、牛乳は止められたんだけどなぁ。ホントにこれで痩せるのかしら。

 え?体重ですか? 初回から2週間、防風通聖散を飲みましたが、変化なしです。
 
 契約は3か月で体重の10%を落とすということになっています。10%に達しない場合は、もう3か月、追加料金なしで延長できるそうです。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.05.16

防風通聖散の使用記録

前の記事に「防風通聖散」は「やせる漢方薬でおなじみ」と書きました。
万年ダイエッターの私は「防風通聖散」を試したことが過去にもありまして、

>「過去」っていつ?

というときにはこのブログを検索すると簡単に記録が出てきます。いつもながらブログって便利だわ。

記録によると、防風通聖散でダイエットのチャレンジしていたのは2007年3月から5月までの11週間。
体重は服用開始時から最大でマイナス2キロ減り、また戻りを繰り返し、最後は腹痛で服用中止を決断。

土曜日に「メディケアダイエット」で防風通聖散を処方されたときに、
「前にこれ飲んでおなかが痛くなったんですよね。副作用ですかね」
と聞いたら、メディケアダイエット代表の薬剤師、岡田先生は否定はしませんでした。確かにネットで調べても副作用に「腹痛」が生じる可能性は喚起されているので、やはりそうなんだろうな。

「前っていつなのか、その時はどれくらい続けたのか」
と聞かれたので、
「10年くらい前、3か月くらい」
と答えたのですが、記録でも同じくらいなのが確認でき、私の記憶もまんざらではないなぁと思いました。

開始の時の記事がこちら。
「Let’s try!「和漢箋」」

終了の時の記事がこちら。
「目指せ、腸内正常化!」

当時も涙ぐましい努力をしているなぁ。
結論からいうと、少なくともこの時、防風通聖散は私にはあまり効きませんでした。
体重は最終記録で1.8キロ減っていますが、この時は体調不良で体重が減っていただけすし、前の記事でも書きましたが2~3キロなら断食道場などにいけば一時的には減らせるんですよ。

問題は、ずっと減らし続けること。減ったら戻らないこと。

一か月に2キロ減ったら、次の月もさらにそこから2キロ減らせられたらいい。さらに次の月は2キロ、さらにその次も2キロ・・・だいたい最初の4キロまではいきますがそれ以上が難しく、さらにその後、リバウンドすると、最初よりも重くなっているという繰り返してきています。

ただ、もう、今後の人生を健康に生きるためには待ったなし。
この悪循環にはピリオドを打たねばなりません。
・・・しかし。
ほんとにできるの? ダイエットが必要なんてもうずっと前から分かってる話。そのたびにいろんなことにチャレンジしてはリバウンドしてきたのに。

昔、「ベルリッツで話せなければ一生英語は話せない」なんてCMがありましたが、486000円かけてやせられなければもう一生痩せられず、下手に長生きしたら一生、体の不具合との闘いになるような気がするんだよな。
だからこそ、メディケアダイエットにかける期待は大きいです。一生がかかってる。

さて、この記事を10年後の私はどんな気持ちで読むのでしょうか。

それにしても・・・さらっと10年前とか言ってますが、つまりこのブログが10年続いてるのもすごいけど、「ココログ」という@niftyのブログサービスももう10年以上続いているってことですよね。それってすごいな。

栄枯盛衰が激しいインターネットの世界で、たいして仕様も変わることなく、そりゃ、今は私はGoogle+やフェイスブックやツイッターも使っていて、そっちの方が写真のアップがしやすいので、リアルタイムの旅行の記事なんかはそっちにどうしても記載してしまうんですけど、それはそれ、これはこれ。

ブログはブログ、私はけっこうココログを気に入っています。
プロバイダもずっと@niftyってことか。すごいな。
自分でびっくりしちゃったわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.05.13

糖質制限を一旦終了致します

 2018年のゴールデンウィークには、東北へ3泊4日の旅行に行ってきまして、その話もいずれ本ブログにアップしたいと思っているんですが、本日のお題は上記のとおり。
 
 万年ダイエッターの私、昨年は断食道場に行ったり、糖質制限をがんばったりしまして、1年で10キロ減を目指していたのですが、体重は、そりゃ断食道場へ行けば減るんですけど、その後、じわじわと戻り、ついにまた過去最高レベルまで増えてしまいました。

 だめだ、こりゃ!!

1ヶ月や3ヶ月で2~3キロ減らすのは、不可能ではないことはもう分かりました。でも、2~3キロ仮に減ったとしても、もっともっと減らさないと標準体重には程遠いので、だとしたら、断食道場とかじゃだめ。

 長く継続して、自分の生活習慣そのものを変えるくらいじゃないと。

 1年で10キロ減らそうと決心したのは昨年の7月だったのですが、このブログの記事をさかのぼると糖質制限を意識し始めたのはちょうど1年前くらいです。ブログって便利だわ。

 糖質制限を一生の習慣にするくらいのつもりで、お米を食べるのを控えて、肉や魚やたまごなどタンパク質をしっかりとるように、食生活改善に励んできましたが、結局、我慢できずに炭水化物をとってしまうこともあり、結局出た答えは、現在の「自己最高体重」が物語っています。

 1年経って、これでは「今のままではダメ」なのははっきりわかりました。

 そこで…

 いえ、もうね、年をとってきたせいもあり、肥満状態でいることに体がもう耐えきれないのですよ。
 膝も痛くなってきたし、例の子宮筋腫も心配だし、もし何かで手術になったら、肥満でいることでリスクが増大するのは昨年1年間のさまざまな経験で身に染みています。

 昔はやせてきれいになることや、普通に服が着られるようになることや、そしたら彼氏を作ることや、妊娠するとしたら肥満じゃリスク高いよなとか、そういうことでダイエットをしたかったんですが、すでにそういう目的ではありません。

 これからおそらく坂道を転げ落ちるように老化していきます。
 そのときに、体重過多だと様々な障害が生じてくるのは目に見えてる。
 膝が痛くて歩けなくなるなんて最たるものです。

 別に長生きしたいわけではないですが、この痛みやすい肉体をなるべく長持ちさせないと、老後はひたすら病気や痛みとの闘いになっちゃうわけですよ。寿命がのびた分だけね。

 それはつらい。
 生きることがそのまま体の不具合との闘いになってしまうのでは、つまんないよなーーーーーーー

 ということで、もう自力ではだめだし、すでに状況も「重度肥満」レベルに達しているので、肥満外来をいろいろ調べてみました。
 私はメタボに加え、高脂血症、高血圧症を発症しているし、睡眠時無呼吸症もずっとCPAP使ってるので、おそらく肥満外来にいって保険適用の治療を受けるのに十分な条件を備えているのですけど、いろいろ調べていて、イマイチ、「肥満外来」っていいところが見つかりません。

 内科に毛が生えたところじゃなぁ。
 以前、病院で保健指導を受けたことも、職場でメタボ指導を受けたこともありますが、言われることは分かっています。
 そんなんで痩せるならとっくにやせている。
 だからといって、胃の手術という外科的処置に頼るのも…大体、手術が嫌だからダイエットしようとしてんのに。

 悩みに悩んだ結果、こちらの門をくぐりました。

 メディケアダイエット

 「肥満外来」とありますが、ここは病院、つまり医療法人ではなく、株式会社です。
 白衣を着ていらっしゃいますが、代表も薬剤師さんですしね。

 よって、こちらで行われるダイエットの様々な指導は健康保険の対象にはなりません。

 でも、まぁ、これは私の個人的見解ですが、ライザップやエステなども保健の対象にはなりませんし。
 そもそも医療だとしても「自由診療」(保険適用外の治療)にはお金がかかるものです。

 結論から書きますと、6ヶ月、ここにお世話になってダイエットにチャレンジすることでかかる費用は…

 486,000円(税込)。

 うん、安くはない。ぶっちゃけ高いです。

 でもね。子供の頃からずーっと肥満で、いろんなダイエットにチャレンジしてもやせたことがなく、9号の服なんて一生縁がなく、今後、病での体の不具合と戦い続け、あらゆる医療機関のお世話になることを考えたら、それと引き換えにするなら、安いわ!

 私はもともと医者ってあまり好きじゃありません。
 忙しいせいもあるんだろうけど、対応が事務的。当たり前っちゃ当たり前ですが、高血圧には薬を、コレステロールが上がってくれば薬をって、対処療法ですよねぇ。
 
 ここはやっぱり、自由診療だからか、そもそも病院じゃないからか、きちんと指導してくれそう。
 カウンセリングでもじっくり話を聞いてもらいました。
 
 代表の岡田先生ともお話をしましたが、かなりいろんなお客さんと話をして、いろんなことを言われているんだなぁという感じがしました。話に予防線が多すぎる^^

 でもね、よかったですよ。
 ああいう面談って、客(病院ではないのであえて患者とは表記しません)とサービスを提供する側の真剣勝負ですよね。
 ちょっとでもうさんくささを感じたら、契約してくれないです。
 私も、自分の目が節穴ではないと言い切る自信はないですが、いろんなリスクも承知した上で、メディケアダイエットを信用してみることにしました。

 岡田代表のいうことが本当だとしたら、この会社は奇跡のメソッドを生み出したことになります。
 でもそれには薬剤師、心理カウンセラー、栄養士など、様々なサポートが必要になる。けれど、今のところまだ保健適用もない。だからお金がかかります、ってことなら、なんとなく納得なんですよね。
 
 私は仕事で介護や医療の方々と話をしたことがあるんですが、あの世界は保険にしばられてて、顧客本位のサービスとか経営的な視点がないです。仕方のないことですが。

 本当に客、つまり患者に必要なことを提供をするためにやらなくちゃいけないことというのは保険の外にたくさんあるんだろうと私は実は思っています。

 これを、簡単に言うと「地獄の沙汰も金次第」ということになってしまうんですけど、でもいいも悪いも多分、これが現実で、私にはきっとこうして金をかけなくちゃいけない必然性があるのでしょう。

 というか、何かに同じだけ投資するなら、自分の体に投資しないと。健康は何者にも代えがたい宝ですから。

 せっかくチャレンジするので楽しみますよ♪

 スタートは5月12日。6ヶ月ですから終了は11月。
 それまでに体重の10%を落とす、それ以上も自然とダイエットができていく生活習慣を身に着けるというのが、契約期間である11月までの目標のプロジェクトです。

 ホントはここで今の体重を公開するのがいいのですが、知りたい方はメールでもください^^
 
 ちなみに、昨日の今日で今朝は0.6キロ減りました(笑)
 これは、単純に「これからがんばるぞー」と思った効果でしょう。経験上、1キロくらいはそれだけで減ります。

 引き続き、報告していきますのでお楽しみに。

 なお、昨日さっそく処方された薬は痩せる漢方としておなじみ「防風通聖散」でした。
 ふふ、これでやせるなら世話ないですが、代表もおっしゃってました。薬はあくまでも補助的なもの。
 本番はこれからです。
 
 しかし、それよりも…糖質制限を中断してよいことが今はうれしくてしょうがない。
 食事日記をつけてまた二週間後持っていくのですが、カウンセラーに相談したら、好きなように食べて食事を記録するよう言われました。
 さっそく、昨日、憧れの納豆ごはん♪ おいしすぎる~ 幸せです。

 代表いわく、おなかがいっぱいになれば幸せになるのが本能なのに、肥満の人は食べても幸せになれないのが問題で。だからもっともっと食べちゃう。なんで食べて幸せを感じられずに、必要以上に食べてしまうのか・・・そこを変えていくのがメディケアダイエットのメソッドです。

 でもほんとにそんなことできるのかしらね?
 ま、やってみなきゃわかりませんw

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.06.22

完全無欠コーヒーはやっぱりグラスフェッドバターがうまい

 コーヒーとバター、MCTオイルをミックスして作る「完全無欠コーヒー」。実は3回目のバターを買うときに、2700円のグラスフェッドバター(牧草を食べた牛のミルクで作ったバター。とにかく高い)ではなく、エシレバターにしてみました。

 エシレバターもおいしいので有名な高級バターです。
 もちろん、普通のバターよりははるかにおいしいのですが・・・

 エシレバターを食べ終えて、4回目を買うときに、元のグラスフェッドバターに戻してみたら、やっぱりこっちの方が全然おいしい~(T_T)/

 今朝はそれを飲んでいます。
 あ~至福。

 5月の末から6月半ばまで、二週間、九州に出張で、ずっと博多のホテル暮らしだったので、その間はホテルの無料朝食をいただいていましたが、家に戻ってきて、昨日から完全無欠コーヒー生活に戻りました。

 体重はあまり減らないですけど、頭すっきり、気分は充実、完全無欠コーヒー、好きです。
 合わせて炭水化物控えめも引き続きがんばります。
 少しずつ、少しずつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.04.11

完全無欠コーヒーのその後

以前、こちらの記事で「完全無欠コーヒー」にTRYする旨をご報告しました。

その後、ひどい風邪をひいたりして、体調が悪化。
でも病院に行って薬をもらったら、比較的早く治りました。
もしかして好転反応だったのかな?

風邪から回復して元気になってきてから、また完全無欠コーヒーを始めました。
体重は体調悪化したときに急激に減りましたが、その後、元に戻り、夕食を食べ過ぎると増え、控えると減る、といういつもの状態に戻っています。

というわけで、今のところまだ、ダイエット効果は今一つなのですが、朝を完全無欠コーヒーにすると、気分はすっきりする(ような気がする)のでもう少し続けてみたいと思います。
昨日、1つ目のグラスフェットバターを使い切ったので、2つ目を買ってきました。
最寄りの成城石井では250g、2700円です。さすがに高! でも飲み会一回よりは安いと思っておこう。
ダイエットのためにエステに行けばこれじゃ到底済まないし、病気になったら医療費がもっとかかるしな。

願わくはもう少し体重が減ってくれるといいんだけどな。
完全無欠コーヒーを飲むと、炭水化物をとらなくても平気になるので、結果として低炭水化物ダイエットにもなっているはずだし、なんとかおなか周りがスリムになってくれるといいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.14

「水の子トム」

 ご無沙汰しておりますm(__)m
 最近、別に何をしているわけでもないのに忙しく、心にゆとりがない感じ。今日からの三連休ですこし取り戻そうかと思います。

 さて、タイトルの「水の子トム」。昔、本屋さんをやっていた叔父から、母が購入してくれた小学館の世界名作全集に載っていた物語なのですが、ご存知の方、いらっしゃるかな。ネットで検索してみるとAmazonでは「水の子どもたち」という名前になっています。

 たとえばピノキオもそうなんですが、世界の名作の中には、主人公がめっちゃ悪い子で、そのせいでひどい目にあうけれど、のちに改心する的なパターンがいくつかあります。

 トムもねぇ・・・いい子ではありません。いたずら好きで、いろいろと失敗をやらかします。だからこそ大好きなんですが(笑)。
 詳細はネットで軽く検索していただき、感想のブログを見ていただくか、もっと知りたければ図書館で探してみてくださいませ。

 今日、ふと、このトムのことを思い出したのは、子供の頃に読んであらすじもろくに覚えていないのに、折にふれ、思い出すエピソードがありまして、それを書いておこうかと。

 物語の後半で、トムはある願いをかなえるための試練として「世界のはてのそのかなた」へいく旅に出ます。
 その旅の仕方が不思議なんですよ。けっして前を向いて歩いてはいけない。後ろを向いて、自分の歩いてきた道を見ながら歩くよう言われるんですね。

 ネットで調べると「訳」の関係か、後ろ向きに歩くわけではなく「後ろを振り返りながら進む」との解釈もあるようなんですが、小さかった私はそのまま、後ろ向きに歩くのだと理解していました。

 前を向いて歩かなかったら迷うような気もしますが、進む方を見ずに、ただひたすら自分の来た道を見ながら進んだ方が、目的の場所へたどり着けるんですって。

 ・・・なんだか不思議です。
 不思議ですが、でも案外、それって正しいのかも。

 たいてい、私も未来を予測しながらそっちに向かって人生を生きています。でも未来はどう転ぶか分からないですから、そっちがゴールだと信じて歩いていても道に迷うことはある。

 大人になった今、たまに考えるのですよ。
 たどり着けるかどうか分からない、そしてそれが本当に行くべき場所なのか分からない、まだ予測もつかない未来ばかりを見ているつもりで歩いていくよりも、しっかりと今、見えている自分の来た道を見つめながら歩いていく方が、実は自ずと自分が望む場所にはたどり着けるのではないか、と。

 いえ、まぁ実は・・・
 また何度目かのダイエットに挑戦してたりもしまして。

 私にとっては、理想の体重にたどり着くのはものすごく長い道のりです。先を目指して歩いていても息切れするばかり。
 でも、そういうときこそ、後ろ向きに歩けばいいのだなぁと。
 毎日、自分が何を食べたのか、その結果体重がどう変動したのか、ちゃんと見つめて一歩一歩歩いていけば、必ず、いつかは目的にたどり着ける。まさにこのことそのものだな~なんて・・・・

 いえ、もちろんダイエット以外でも、そうなんですけどね。

 長い時間がかかり、一歩一歩でなかなか成果が出ない何かに挑戦するときに、くじけずにそれを達成するためには、後ろ向きに歩くのは有効なのかもしれません。

 最近、自分が10年後、どうなっていたいかをよく考えます。
 10年という時間があればなんでもできそうな気がするけど、そのために今日、何をするか。
 三連休では来し方を振り返りながら、じっくり考えてみるとしますか。
 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.04.21

本当におなか空いてる?

昨年の9月からメタボの健康指導で、保健師さんの指導をうけながらダイエットを始めて半年。

最初の3ヶ月、自分でも驚くほど体重がするすると落ちて、現在、ダイエット開始時と比べると-6キロです。

いやぁ、嬉しくて。
このまま次の3ヶ月でまた-5キロとか順調にいけば憧れの9号も夢ではないと思いました。

が、現実はそう甘くない。次の3ヶ月、体重減少はピタリと止まり、横ばいがずっと続いています。

増えたり戻ったり、減ったり戻ったり。
ダイエットの意欲もかなり下がってきましたよ;;

昨日、保健師さんとまた面談をしました。

最近は、夕方になるとおなかが空いてどうしようもありません。
そのときにチョコレートやらなにやらを食べてしまったりします。
そしてさらに夕食後も。
食事自体は控えめにするのですが、我慢できなくてそのあと何か食べてしまいます。
ご飯とサラダとおかずで夕飯にした後に、食パン2枚とかね。

おなかが空くんだからどうしようもない。
そう思ってもう間食がやめられない。

という訴えを保健師さんにしました。
すると、うーむ、さすがですな、保健師さんて。

「それって本当におなか空いてるんですか?」
と尋ねられました。

ん~・・・夕方の空腹はホンモノです。

でも夕食後のまだ食べたりない感じはどうなんだろう?

本当におなかが空いていれば食べたってよい。
でも、おなかが空いた気がする、だけかもしれない。

考えてみれば、最近は食事を常に控えめにすることを心がけているせいでいつも「足りない」と頭が思っています。

食べ物が目の前にあるとガツガツしちゃう。
食べながらもカロリー計算。
「これ何カロリーだから、次の食事ではあと何カロリーか。何食べよう」
とかって次の食事のことを考えています。
結果、食べ終わっても満足感がない。
まだおなかが空いている気がする。

保健師さんからは「次に何食べよう」じゃなく、目の前の食事に集中するように、言われました。
ちゃんと味わって、いっぱいかんで・・・そうすれば必ずおなかは満たされる。

このブログを書いている今も、おなかが空いてる気がしますが、これはほんとかなぁ~
よぅく考えて、食事をとるようにします。

ちなみに。
6キロ減ったあとの3ヶ月の横ばいなんて、普通だそうですよ。
ダイエットはやはりまっすぐ右肩下がりにはいかないのでありました。

いつかまた減る日がくるまで・・・がんばります^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.03.06

久々の献血で。

先日、久しぶりに献血へ。
メタボ対策で減量中なので、もしかして濃さが足りなくて献血できないかなぁと思っていましたが、ばっちり400ml採血されて、この間、血液検査の結果が返ってきました。

ダイエットの方は、体重が今年に入ってからあまり減らなくはなってきましたが、ピーク時からの-6キロを保っていて、先月から今月にかけやっともう-1キロになったかな。

毎日、できるだけ1万歩歩くことと、ダイエットダイアリーは9月からずっと続けていて、昼休みは保健師さんと週三回の10分ウォーキング&5分の踏み台昇降なんてのをやっています。

ダイエットはもうむか~しからいろいろとがんばってきたんですが、ここ数年ははなかなか体重を減らすことができませんでした。
でも、今回、メタボ指導を契機に始めたダイエットは3月で半年。どうやっても動かなかった数字が落ち始め、今のところまだ戻ってはいないので、ちゃんと実行できていると言っていいでしょう♪

おなか周りもだいぶゆるくなってきて、きつきつだったスカートは余裕で入るようになり、ジャストサイズだったGパンはゆるゆるでベルトなしでは履けなくなりました。そういうの、自分で実感するとやっぱりうれしい。

でもまだ、2月に久しぶりにあった友人には
「やせたね」
と言ってもらえなかったのですよー。元が元なだけに、まだまだ人に気づいてもらうレベルには達していないみたいです。それが悔しくて(笑)
次に会ったらびっくりさせてやるぅ~

今回の献血も半分は血液検査が目的でした。
健康診断では毎度、コレステロールが要警戒レベルでしたので、これが改善されてればいいなと。

検査結果、私は今回、総コレステロールの値が214mg/dl。
この値、献血の際の通知によると110~250が正常値とされていいます。
前回の献血(2008年11月30日)のとき、私、これが260でした・・・

ネットで調べると総コレステロールの基準値もいろいろと説はありまして、220以下を正常値とするのが昨今の傾向のようです。今回は、その範囲内にも収まってる♪
ダイエットの結果はあきらかに数値の改善にも現れていると見てよいのでしょう。やったねv

ちなみに手元のデータによると、2009年5月の、前回の健康診断の時の総コレステロールは239。その頃も保健指導は受けていましたが、体重は減っていませんでした。最近は総コレステロールで見るのではなくて、LDLコレステロール(悪玉コレステロールらしい)の数値で判断をするらしく、私はこの健康診断のとき、LDLコレステロールの値でいうと、判定がDⅡ「要観察」だったのす。
献血の血液検査ではLDLコレステロールまでは分からなかったわけですが、総コレステロールがこれだけ落ちてるから、LDLコレステロールも改善されてるでしょうな。とりあえずは喜んどけ(笑)

この結果を保健師さんに見せたら、γ-GTPの値もよくなってるから肝臓の問題もない、なんてことを言われてますます嬉しくなりました。
健康診断の超音波検査で「脂肪肝」だって言われてて(こちらの判定はC要生活注意)、特にすぐ病院へいけってレベルではありませんでしたが、それも心配だったのよね。

どうやら内臓の脂肪の方はかなり落ちてきているようです。体脂肪計でもここしばらくは数字が下がってきましたし。

でも体重の方は標準にはまだまだ遠く、おそらくこれからは、やせてくると自分でもよけいに気になる、皮下脂肪との戦いになるのでしょう。
皮下脂肪ですから、おなか周りの肉などは自分で持ってみることができます。持ってみるとずっしりきますよー。これがなくなったらそりゃマイナス10キロは軽くいくよな。トイレとかお風呂とか、肌を露出するシーンで、体を眺めると我ながら「うわー」と思うのよね。

これからも気長にじっくり取り組みたいと思います。

とりあえずは・・・コレステロールの値が改善してよかった♪というご報告でした~

| | Comments (2) | TrackBack (2)

2009.12.01

なぜ今回は体重が減ったんだろう?

今年に入ってから、職場においてはメタボ対策というのが実施されており、私はその対象者であります。
私ももうむか~しから体重は減らしたいと思って、漢方薬を試したり、オルビスのダイエット食品を試したり、野菜重視にしてみたり、1万歩歩いてみたり・・・としてきましたが、たいして体重は減らずにきていました。
今年の3月に保健指導を受けて、食事内容を改善してもかえって体重は増える始末。

まいったなぁ・・・と思っていたところ、5月に転勤し、6月に定例の健康診断があり、そこで新たにメタボ対策対象者としてリストアップされたらしく、9月から新たに、転勤先の職場の保健師さんから、メタボ対策指導を受けました。

そのときのこともブログの記事にしましたが、さてそれから3ヶ月経過。どうなったかというと・・・

5キロ減りました。

・・・す、すごくないですか、これ。今まで何しても減らなかったのに!

あまりにすごいので、どうして減ったのか、逆にどうしてその前は減らなかったのか、考えてしまいました。

今回、保健師さんからは1日の摂取カロリーを1300kcalにするよう言い渡されました。これ、かなりきつい制限です。まともなものが食べられない~と嘆いていましたが、今ではだんだん慣れてきました。主食を減らすことでかなり調整できるし、1回で700kcalとっちゃうことがあっても、あとの食事で調整することもできるようになりました。あとおなかがすいてどうしても我慢ができなければ0カロリーゼリーや野菜を食べる習慣もできました。
あと、1日1万歩は続けています。

で、それらをYahooのダイエットダイアリーに毎日つけて、携帯でもダイアリーにアクセスできるようになったので、食べるたびにこまめに記録をとるようにしました。

そしたら減った・・・

そうか・・・ダイエットってやれば結果って出るものなんだ。
やっても結果が出ないのが当たり前のようになっていました^^;;;;;

カロリー計算は、よく分からないときは適当ですが、
「大体、500くらいかな」
「これなら100か」
とかいうのが分かってきたので、しだいに楽になりつつあります。

Yahooのダイエットダイアリーも、以前やってたときは全然減らなかったんですけど、今回久しぶりにやってみたら、同じように記録をつけている人をライバルにして比べたりしながら、いっしょにがんばる機能が新しくついたのでこれも励みになりました。
Yahooのダイエットダイアリーってやってる人が多いみたいで、同じくらいの体重の人も探すとけっこういるんですよ。
同じようにやってても、55キロの人が50キロになったのを見ても、「もともとやせてんだから、ダイエットの必要ないよー」と思って全く励みにならないのですが、体重が同じくらいの人ががんばってると、
「あ、この人、減ってるー。私もがんばろう」
といい刺激になる。

そういういろんなことの相乗効果の結果かな。

パンパンだったおなかもたぷたぷになってきました。すっかりなくすまでにはまだまだ時間がかかりそうですけど・・・
これからもダイエット、がんばりまーす♪

| | Comments (0) | TrackBack (2)